ホーム > 体験レポート >

「赤倉観光ホテル」(赤倉温泉) 宿泊体験レポート

赤倉温泉の老舗ホテル、赤倉観光ホテルに行ってきました。写真は客室露天風呂からの眺めです。まさに絶景・・・。非日常を満喫するにはもってこいの露天風呂と眺望でした。

今回宿泊したお宿のデータ:

赤倉観光ホテル

【おすすめ度】  4.5

【宿泊プラン・料金・口コミを見る】

じゃらんnet
一休.com
Yahoo!トラベル
JTB

客室露天風呂の質 サービスがいい
夫婦・カップルで 夕陽が見える  
料理が美味しい 景色がいい

客室の写真とコメント

今回、私達が宿泊したのは126号室です。

このお部屋は新館の客室露天風呂付きテラスルームBになります。赤倉観光ホテルの新館は露天風呂付きの客室になっていて、タイプも3つあります。

タイプAとタイプCは開閉式露天風呂になっていまして・・これはどういうことかと言うと、露天風呂と外の間に扉が付いていまして、これが開閉式になっている・・・というわけです。

何故、開閉式なのか・・・というと、実は目の前が山の斜面になっていて、そこは冬になればゲレンデになるんです。スキーヤーから見えてしまわないように・・という配慮ですね。

私達が泊まったのは、タイプBになります。これは開閉式ではありません。何故かと言うと、地面からお部屋まで高さがあって、人が近くまでこれないからです。

といっても、ゲレンデは見えますので、外から全く見えないわけではありません。↓はタイプBのお部屋の露天風呂があるテラスに出て、下にカメラを向けて撮影した写真です。

かなり離れているので、例えばゲレンデからこちらがよく見えるわけではありませんし、露天風呂に浸かってしまえば、全くスキーヤーからは見えないと思います。

暖かい季節はこのゲレンデを散歩する人がいたりすることもあるようで・・・このタイプのお部屋であれば、問題ありませんが・・・地面に近いタイプのお部屋(タイプAとタイプCの開閉式)は、明るい時間帯は扉はしめておいた方が、特に女性にとっては安心かも知れませんね。

 

さて、お部屋です。ベッドスペースです。
清潔感があって、ベッドも寝心地が良かったです。

ベッドスペースには2つ目のテレビがあったり、加湿器もありました。

次にリビングスペースです。

このソファー・・・座り心地◎です。
ここに寝そべってテレビ鑑賞・・・リラックスできると思います。

リビングスペースにはちょっとしたデスクがあります。パソコンを使ってちょっとお仕事をするには、やっぱり小さくてもいいからデスクがあった方がいいですね。ネットにも勿論、つながります。

このデスクの横がこんな感じになっています。テレビと暖炉。

・・・だ、暖炉!と思ったのですが、つけかたがわからず・・・。11月でしたので、まだ使えないのかも知れません。といっても、本当の暖炉ではなくて、暖炉風の暖房器具だと思います。

オーディオプレーヤーがあったりして・・。ipodをつなぐこともできます。

トイレは玄関の脇にあります。洗面スペース(脱衣場)とは別になっています。清潔感がありました。

脱衣場と洗面スペースです。この左側がシャワー室になっていて、その先に露天風呂(テラス)があります。洗面スペースもゆったりしていて、清潔感もあってよかったです。

洗面室もシャワー室も床暖房が入っているので、冬でも暖かいのが嬉しいです。

洗面台の下にはバスローブも。

シャワー室になります。右下の写真は外に出て撮影したものです。スペース的には大人一人でちょうどいい位で広くはありませんが、必要にして十分といった感じです。

では、次に待ちに待った露天風呂に行ってみます。

客室露天風呂の写真とコメント

シャワー室を出て、外を眺めると・・・こんな壮大な景色が・・・!山の上にあるホテルだからこそ・・・の眺めですね。本当に素晴らしいです・・。

しばらく、ボーっとしてしまうほどのそんな絶景でした。

さて、客室についている露天風呂ですが、大きさとしては、大人二人でもゆったり入れるほどの大きさです。お湯は温泉になっています。加水できるので、温度調節もバッチリです。

露天風呂の先は↓の左下のように水がはられています。
それがまたいい雰囲気を出しているのかも知れません。

露天風呂に浸かると、この景色!日常の暮らしから遠く離れたところにやってきたんだな・・・と思わせてくれる、そんな特別な時間がゆったりと流れます・・。

露天風呂に浸かりながら・・・

先ほども書かせていただいたのですが、この客室露天風呂は温泉になっています。赤倉温泉は江戸時代に開湯されたそうで、とっても古い歴史があります。

ちなみに泉質は「硫酸塩泉・炭酸水素塩泉の2つ成分をあわせ持ち、湯冷めしにくく、切り傷や美肌に特に効能がある」(赤倉観光ホテルのホームページより)とのこと。

また、湯船に浮いているものがある・・・と思っていたら、それは湯の花・・・でした。湯の花とは温泉の中の成分が固形化したもので、それは効能の素なのだとか。

テラスには露天風呂の横にこんな椅子とテーブルが置かれていました。涼しい季節にはここで冷えたビールを飲むのもいいかも・・。

冬は寒すぎてとっても無理ですけど(笑)。

テラスから立ち上がって撮った一枚です↓

11月中旬にも関わらず、この日は初雪の次の日でした・・。これがスキーシーズンに入ると、この目の前がゲレンデになります。

当然、スキーヤーもいるわけで・・・。といっても、今回私達が宿泊したタイプのお部屋であれば、それほど気にはならないと思います。

ただ、裸でテラスに立っていれば、それなりに目立つかと思います・・(笑)
湯船につかってしまえば、殆ど見えません。見えても、頭のてっぺん位でしょうか・・。

ただ、開閉式の露天風呂で扉を開け放ってお風呂に入ろうとすると、ゲレンデからは見えると思いますので、注意が必要かも知れません。

もっとも、夜になれば、関係ありませんが。

夜景も素晴らしかったですし、湯船に浸かりながら眺める山々にもとっても癒されました。露天風呂は間違いなく、おすすめだと思います。

食事(夕食・朝食)の写真とコメント

夕食は和食とフレンチを選べるのですが、今回はフレンチにしていただきました。お料理はコース料理になっています。

素敵なレストランの窓際で夜景の見えるお席にしていただきました。ご夫婦での記念日などにはピッタリなレストランだと思います。

おすすめの赤ワインをいただきながら、お料理を待ちます。

このパンが美味しかったです・・。

そして、次々と運びこまれるお料理の数々。左下は、甘エビのマリネ。

彩も綺麗で、繊細な味付けがとてもよかったです。

さつまいものポタージュと真鯛のポワレです。

パンのおかわりもしました・・・(笑)

メインのお肉、「牛ロースときのこソース」です。
お肉は勿論ですが、ソースも美味しくて、ワインがすすみます・・・。

そろそろデザートが欲しくなってきたところで・・・

コーヒーと紅茶を1杯づつ。

そして、デザートは・・・

お皿も綺麗でした。シュークリームも美味しかったです。コーヒーに合います。

お料理はどれも本格派フレンチと言いましょうか・・・丁寧に作られているのが伝わってきて、とても美味しかったです。

量も大人にはちょうどいい感じです。

やはり老舗の名門ホテル・・・という感じの優雅な時間が流れるレストランでした。

 

さて・・・翌朝になりました。朝は和食か洋食で選べるのですが、今回は和食にしてみました。

朝食をいただくのは、ホテル内にあります、白樺というレストランです。旬菜ダイニング・・・とあります。

混んでいなかったからなのかどうかはわかりませんが、個室に案内していただきました。

今朝のメニューです。地元のコシヒカリをはじめ、温野菜、鮭、温泉卵、お漬物にお味噌汁・・・量もほどよくて美味しくいただきました。

やっぱり、コシヒカリのごはん!は食べなくちゃだめですね。ホント、美味しいです。

温野菜もアツアツでいただきます。

デザートまであっとう間にいただきました。

お料理は夕食も朝食も美味しかったですが、個人的には、夕食にいただいたフレンチのコースはまた食べたい味でした。

ごちそうさまでした。

サービスについて

赤倉観光ホテルのサービスですが、さすが老舗の名門ホテル・・・という感じでプロ意識の高い方が多いように思いました。

勿論、各旅行サイトのクチコミでも4つ★以上を獲得しているので、そういう意味でも安心して泊まれるホテルだと思います。

勿論、中にはサービスは期待したほどではなかった・・・という口コミを残す方もいます。それなりに宿泊料金もしますし、歴史のあるホテルですから、ついつい期待してしまって、その期待を超えない場合は、残念・・・ということになったのかも知れません。

ただ、個人的な感想としては、都会の洗練された一流のサービスとはまた違った・・・老舗ならではの良さであったり、田舎の温かさのようなものを感じました。

その他、設備、アメニティ、写真とコメント

アメニティ類はとても充実していると思います。

必要なものはすべて揃っている・・・という感じです。

右下はリビングにある冷蔵庫の上の棚です。コーヒーが有料だったのが・・・残念(苦笑)

お部屋は暖房の他に床暖房がありました。
冬はとっても寒いところですから、ありがたいですね。

その他、館内の写真とコメント

大浴場です。

下記は新館にあるテラススペースです。

そして、こんな眺めも・・・。チェックアウトしてから少しの間、ここで写真を撮っていました。

 

これは、おまけ・・・ですが、赤倉観光ホテルは山の上にありまして・・・。1キロ以上も山道を車で上ることになります。普段はいいのですが、雪の季節が・・・。雪の状態によってはスノータイヤでも慣れない方だとちょっと大変かも知れません・・。

ただ、山のふもとに車を停めて迎えに来てもらうこともできるようなので、冬の季節はそんな点も含めて、車で来られる方はホテルに連絡してみてもいいかも知れません。

 

1泊2日・・・ではなくて、せめてもう1泊できたらなあ・・・と思わせてくれるホテルでした。

お料理も美味しいし、お部屋は広いし、清潔感がありますし、アメニティ類もしっかり揃っている。そして、何より、客室露天風呂!あの景色は忘れられません。湯船に浸かりながら、なんて贅沢なんだ・・・と何度も思ってしまう、そんな非日常がそこにはありました。

カップルで記念日に・・・そんな特別な日にはピッタリなホテルとお部屋だと思いました。

ありがとうございました。

今回宿泊したお宿のデータ:

赤倉観光ホテル

【おすすめ度】  4.5

【宿泊プラン・料金・口コミを見る】

じゃらんnet
一休.com
Yahoo!トラベル
JTB

客室露天風呂の質 サービスがいい
夫婦・カップルで 夕陽が見える  
料理が美味しい 景色がいい



宿泊レポートについての注意点

★宿泊日は2013年11月です。ここに記載した情報は変更になる場合があります
★体験レポートは主観的な情報も含まれます。人によって感じ方が変わることをご了承くださいませ