ホーム > 体験レポート >

「松泉閣 花月」(越後湯沢温泉) 宿泊体験レポート

越後湯沢温泉に行ってきました。今回宿泊してきたのは、口コミでとても高い評価を得ているお宿、「松泉閣 花月」です。お目当ては客室露天風呂付きのお部屋です。口コミではお料理も非常に高い評価なので、否が応でも期待は高まります。

今回宿泊したお宿のデータ:

松泉閣 花月

【おすすめ度】  4.0
【温泉地】 越後湯沢温泉

【宿泊プラン・料金・口コミを見る】

じゃらんnet
一休.com
ゆこゆこネット
Yahoo!トラベル
JTB

客室露天風呂の質 サービスがいい
夫婦・カップルで 夕陽が見える  
料理が美味しい 景色がいい  

客室の写真とコメント

宿泊したのは、露天風呂付き客室の「更」というお部屋。松泉閣 花月にはいくつかのタイプの露天風呂付き客室がありますが、「更」というお部屋は47㎡で露天風呂付き客室の中では一番小さいお部屋です。

広いお部屋だと100㎡近くあるものもあります。「更」でも十分な広さがありますが、もう少しゆったりしたい方には、他のタイプのお部屋でもいいかも知れません。

お部屋に通してもらいました。リビングスペースがフローリングになっていて、畳の部分にお布団が敷かれています。リビングスペースの椅子に座って、ゆったりと音楽を聴いたり、本を読んだり・・・そんな時間もいいかも知れません。

窓側から見た写真です。

窓からは新幹線が見えます。新幹線が通る際はそれなりに音がしますが、朝、その音で起きることはありませんでした。お部屋は電車の音以外は殆ど聞こえてきません。静かなお部屋に、客室露天風呂からの水が流れる音が聞こえてきます。それがまた何とも言えな癒し効果があるように思いました。

このお部屋には小さなマッサージチェアも付いていました。

リビングから玄関を見た写真。リビング出て右が洗面所とバスルーム。左が冷蔵庫などがあるスペースです。

リビングに入って右手に客室露天風呂が付いています。源泉かけ流しでした。

扉を開けると・・・そこには自分だけの温泉が!

客室露天風呂の写真とコメント

客室にある露天風呂は陶器風呂になっています。源泉かけ流しのお風呂が自分の部屋にある・・・なんとも言えない贅沢です。ちなみに、「松泉閣 花月」には部屋のタイプによってお風呂のタイプも異なっています。

お風呂の大きさは大人一人が寝そべって入れる程度の大きさ。二人で入るには少々狭いですが、一人であればゆったりと浸かることができます。

露天風呂なのですが、開閉式の扉が付いています。なので、冬でも寒い思いをすることなく、入ることができます。お風呂に浸かって、体が温まったところで、扉を開け放つのもいいと思います。

お湯は熱め。

水で薄めることもできます。

ただ、基本的に熱いお湯は苦手な私はこの水を出してもまだ熱いと感じました。

陶器風呂のすぐ横が洗い場になっています。体を洗ったり、頭を洗ったりする際には、開閉式の扉を閉めておけるので寒くはありません。やはり、屋外の洗い場やシャワースペースは、特に新潟の温泉地では寒くて苦手という人が多いのではないでしょうか。

扉を開け放って、露天風呂に浸かっていると、新幹線が通ってゆきました。

脱衣所がないのが、残念ですが、↓

ここの前に衝立を置くことができるようになっていました。簡易的な脱衣スペースができるわけですが、ないよりはましですね。

↓の写真。右にあるのがその衝立です。

食事(夕食・朝食)の写真とコメント

夕食の時間になりました。「魚沼の食材を中心としたオリジナル料理」をいただきます。この魚沼地区は何と言ってもお米が日本でも一番美味しいと評判の地域です。それだけに夕食はとても楽しみにしていました。

夕食はお部屋でいただきます。お刺身、美味しかったです。鮮度抜群で、旨味が詰まっている感じがしました。

美味しいものを少しづつ・・・そういうお料理でした。お腹は一杯になるのですが、苦しくない。温泉宿のお料理はとにかく豪華に、たっぷり用意される・・・ということが多いのですが、私はあまりそのスタイルが得意ではなくて、やはり少なくていいので、美味しいものを少しづつ、色々食べてみたい・・・そう思ってしまうのです。

そういう意味で「松泉閣 花月」のお料理は私を十分に満足させてくれました。

お鍋は「からいすけ」と呼ばれる魚沼地方の伝統野菜「かぐら南蛮」と味噌を合わせた調味料で味付けされていて、ピリっと辛くて美味しかったです。

「新潟和牛のステーキ トリュフ風味の塩を添えて」

炊きたての魚沼産の最高級コシヒカリに乗せて・・・あぁ、美味しい・・。

デザートは越後姫といういちごとキウイ、そしてロールケーキ。越後姫は甘みが強く、果肉が柔らかいのが特徴のいちごです。

ご馳走様でした。

美味しかったです・・・と思ったら、なんと夜食におにぎりのサービスがあるそうで、お腹が一杯でしたが、いただくことにしました。

これがまた美味しい鮭のおにぎりでした。お米が美味しいとおにぎりもここまで美味しくなるんですね。お腹が一杯だったのを忘れて、モグモグいただいていました。

 

朝食です。お部屋でいただきます。
和食と洋食があります。まずは和食から・・・

朝ごはんも勿論、炊きたての魚沼産コシヒカリ。何とも言えない贅沢です。

一つ一つが丁寧に作られていて、繊細な味わいでした。

次は洋食の写真です:

甘みがあって、柔らかいパン。

ベーコンとソーセージ。オムレツも出てきました。

クラムチャウダーのスープとサラダ。

旅先での朝ごはんって、沢山食べられるから不思議です。
品々並んで彩もきれいだったし、美味しいからでしょうか。

食後にはコーヒーと紅茶を運んできてもらいました。デザートはフルーツです。

サービスについて

「松泉閣 花月」は口コミでもサービスは高評価を得ているお宿です。そこには、都会の洗練されたホスピタリティがあるわけではありませんが、故郷の温かいおもてなしのようなそんなものを感じました。

仲居さんは笑顔で接してくれますし、廊下で会った際にも声をかけてくれます。「おかえりなさい」そう言われると、こちらもはじめてなのに、「ただいま」と言いたくなってしまいます。

口コミで高い評価を付ける人が多いことに納得したのでした。

その他、設備、アメニティ、写真とコメント

玄関を入って右手にちょっとしたミニカウンターがありました。

お茶の他にハーブティーまで用意されていました。

冷蔵庫の飲み物はなんとすべてサービス(無料)です。

トイレは玄関の左手にあります。清潔感がありました。

洗面台。

さらに奥にはバスルームもありましたが、客室露天風呂があるので、ここは使いませんでした。

タオルかけもちゃんと用意されています。

バスローブとバスタオルもあります。

アメニティグッズ。

必要なものは殆どある・・・そんなイメージでした。

その他、館内の写真とコメント

ロビーは明るくて和モダンな雰囲気。

大浴場の様子です。

今回入ったお風呂は、「ほへとの湯」です。「松泉閣 花月」の「ほへとの湯」には内風呂、露天風呂、大岩風呂、窯風呂(サウナ)の4つのお風呂があります。

これは大岩風呂の一番奥から内風呂に向かっての景色です。

釜風呂にも入ってみました。スチームサウナなので湯気がすごかったです。

左に露天風呂、右に釜風呂、正面の階段をあがったところが大岩風呂です。

 

お部屋でゆっくり音楽を聴きながら、好きな本を読んだり、雑誌に目を通したり。そして、ちょっと体が冷えてきたら、お部屋についている露天風呂に浸かって外をボーっと眺める。そんな時間はとても幸せな時間だなぁ・・・と感じました。

そういう時間を提供してくれるお宿が花月なのかも知れません。

ありがとうございました。

今回宿泊したお宿のデータ:

松泉閣 花月

【おすすめ度】  4.0
【温泉地】 越後湯沢温泉

【宿泊プラン・料金・口コミを見る】

じゃらんnet
一休.com
ゆこゆこネット
Yahoo!トラベル
JTB

客室露天風呂の質 サービスがいい
夫婦・カップルで 夕陽が見える  
料理が美味しい 景色がいい  



宿泊レポートについての注意点

★宿泊日は2013年4月です。ここに記載した情報は変更になる場合があります
★体験レポートは主観的な情報も含まれます。人によって感じ方が変わることをご了承くださいませ